2015/03/07

世界一うっとおしいイギリス配偶者ビザ(スパウスビザ)GETまでの道のり・Part2





どうもどうも。
前回書いた記事の最後の一文
私!ブログ!めっちゃ書くで〜〜〜。
・・・・・・ぜんっぜん書いてへんやんw なんでこんな一文つけたんやろな。w



2月の後半、スペイン人の妹Aialaが2週間日本に遊びに来ていて、すんごいバタバタしてました。
そんなAialaは先週の土曜日に去っていきました!




滞在していた時の事もブログにじょじょ書いて行きたいな〜と思いますが、
Aialaが去ってからようやくイギリスの配偶者ビザ(スパウスビザ)の申請作業に
手をつけ始めました。本家のサイトの情報が基本的にあいまいな事、そして分かりにくいという事で、
実際に体験された方のブログを参考にされている方が多いと思います。 
(私が参考にしているブログ様については世界一うっとおしいイギリス配偶者ビザGETまでの道のり・Part1 参照



私のビザ申請の流れも、基本的に経験者様の体験談のみを頼りに動いている感じです。
なぜなら私、こういうビザセンターやイミグレーションのような公的な機関でも
というか公的な部分だからこそよけい、そこから発信される情報やサービスを信用していません。
もちろん彼らが決めたルールなので、彼らが指定する事に従って申請しないといけないのですが、
そのルールを設定しているはずの側の発信する情報はあくまで参考程度にしかしていません。
基本的に彼らは設定した側で、実際にビザを取る側の人間になってサイト作りなんかもしているわけがないので、
いいサービスや説明なんか受けられるはずがないのです。
彼らからすれば、別にそこで詳しい情報が書かれていないために申請者が脱落したところでしったこっちゃないってなもんです。
普通の会社のカスタマーセンターですらそんなんやのに、公的な機関なんかもっとなはずと、
はじめからあんま期待してません。イギリスで2年間生活した私が学んだイギリスで生き抜く術です。


ビザ話からは逸れますがそれを裏付けるエピソードの一つをお話します。

 ロンドンで住んでいたとき、私とイタリア人のDavideとの連名で家のコントラクトを結んでいました。
同然カンシルタックス(council tax :家にかけられる税金)の請求も2人の名前でくるわけです。
家賃もタックスも光熱費も全て私がみんなからお金を集め、Davideに渡し、
彼が振り込む(もしくは引き落とし)というお金の流れでした。


そしてその家を出てブライトンに引っ越して数ヶ月後
ロンドンに住んでいたときのカンシルタックスが払われていないという通知ハガキが届いたのです。
そこには日時指定で裁判所に来なさい、この日時にこなければ牢屋にぶち込みますよ。。。との表記。
いやw、そんな言い方ではなかったですがかなりのきつい表現でした。
公的なハガキなので、もちろん私はびびり、Davideにぶっちぎれ。
電話して「こら~~~~お前かね渡してたやろうが~~なんで払わんねんこのぼけ~~~」と。
私はDavideが普通にお金払ってないと思ってからね。
そしたら「俺払ってるよ。」って。
でハガキに載せている番号に電話したり色々聞いたりJamesにも電話してもらったりしたけど、
払った払っていないどちらにしても裁判所への出席がとりあえず必須だと電話先で言われました。
Davideが仕事を休んで、簡易裁判所行きました。そして受付で言いました。
「こんなハガキきてて、俺カンシルタックス払ってるんだけど」って言うと、
なんのためらいもなく「え?そう?じゃ、この番号に電話してそういってー。私の担当じゃないから」って
ハガキに載ってる電話番号を渡された。

ん????おかしない?裁判所こんでよかったやん。

結局原因はダビデの思い違いで振り込んだ金額が最近の月までのものは全部払ってたけど、
1番はじめのものが払われてなかったとかなんとかで電話で結局解決しました。

ただ、、私が思うのはいや、、、、裁判所いかんでよかったんかーいって事。
日本やったらまずはじめに分かるように「何月~何月分は支払われていますが
何月分の支払いの確認が取れていないため、XXXXXにお電話いただけますか?」とか
なんかじゃない?もちろん電話しても分かるように説明してくれるしさ。
公的な機関であればなおさらね。

ってなもんで、こういう事がいくつかあり、イギリス生活の割と早い段階で
私はほぼ、イギリスのこの公的機関というものに対して不信感しかなかったのです。
だってまじめな日本人からしたらそんなハガキきたら、
正直びびってまうやーん!でも別にそのハガキには何の効力もなかったのです。
(あると思うけど、指示通り裁判所に行った意味はこの時はまったくなし)

郵便にしても、届くバースデーカードの封筒なんて開けられて届くことだってざら
(中にお金入ってると思ってあけられている。。。)
なので、あくまでも公的であろうが私的であろうが、イギリスであろうが違う国であろうが、
日本のサービスを望んで海外に向き合ったらあかんっちゅーことです。
特にイラチな大阪人丸出しの私は何度切れた事が。
でもそういう自分の国の常識を違う国に持ち込む私の方があかんという事っす。

余談の余談ですがAialaが日本に来た時、カメラが欲しいってことで
オンラインで買おうとなりました。その時にも
えーでも届いた時壊れてたら???って、スペインではよくあるもん。
だからオンラインで買い物したくないの、と、やたら不安がるので
『日本ではそんな事はありえへんし、壊れてたら交換してもらえるよ』って
教えてあげました。



Aialaはスペインとの郵便と比べてるんやけど、
どのサービスにおいても日本ほどきっちりしてる国ってなかなかないもんです。
まず留守だったときに日時(特に時間指定して)再度持って来てくれる国、
他にどこの国があるでしょうか?今までは当たり前と思ってたけども。
ま、日本ってすてき。と、そんな気持ちに浸ってても仕方ないんですが。


ともあれ私にビザをくれるのは英国様。


イギリスに帰ると決めた以上、「そんな奴らの事は無視」とも言ってられないのが悲しい現状で、
とにかく英国側が指定する条件の情報をまず見て、ビザを許可する側が何を申請者に要求しているのかを、
理解、いやむしろ推理しながら作業を進めていかないといけないのです。
それが実際の書類集めや申請作業よりも難関で
「結局どうすればいいの?何を提出すればいいの?」っていう
ただただ情報が曖昧なことが原因で生み出される数々の疑問が頭上へ降りかかってくるってわけです。


テストでいうところの、問題の意味が曖昧すぎて答えようがない、、、みたいな感じです。


散々ぐちりましたが、申請作業じたいはそこまで大げさなことはなくって
ストレスフルですが、まあ耐えれるレベルのような気がします。



イギリスの配偶者ビザ申請で大事なのは
イギリス人スポンサーほう、私でいえば旦那。旦那側の作業や集める書類の方が
圧倒的に多いので、相手がどれだけ要領よく責任感があるのが問われます。
私の旦那は人より文句は多いものの、心配性やし責任感も強いのできちっと
素早く書類集めなんかもしてくれてると思う。
2人ともいらいらしてめっちゃけんかなるけど、私なんてほんとほとんど何もしてないもん。


まあその作業をおろそかにするような人やったら結婚してなかったと思うし、
むしろ私に全ての作業の負担がおよべば、私があの言ってはいけない一言を言うと思っているやろう奴は。
そこまでして私全くイギリスに戻りたく・・・」と何度心の中でつぶやいた事か。
いや、声に出してもうてるねw


って事で現在オンライン申請の真っ最中です。
イギリス配偶者ビザ (2015) 取得までの流れ。

というか私がしている方法。


1.    情報集め

自分たちのシチュエーションには何の書類を提出しないといけないかを調べる。どこに住んでいるか、結婚しているか、旦那の雇用形態、状況によって
提出するものが違います。もちろんそんな細かく英国ビザセンター側が
ひとそれぞれに合わせて提出書類を詳しく教えてくれていないので
ここで似たようなシチュエーションで経験された方の生の意見が参考になるわけです。ただしイギリスのビザの条件などは日に日に変わっていきます。
できるだけ最近申請された方のブログがいいと思います。
(私は『イギリス配偶者ビザ2014』とか『イギリス配偶者ビザ2015』、『イギリス スパウスビザ 2014』とかのキーワードで調べました。)
 
そして私はそれを自分側・スポンサー側と分けてリストを作成。
旦那側にはスポンサーとして提出するべき書類を集めてね!とそのリストを送りました。


2.    オンライン申請

これはVISA4UKにアカウントを作り、オンライン上で
フォームを埋めていきます。まあまあ長いのでちょっとずつ保存しながら進めていきます。ただしこれはオンライン上で7日間しかSAVEされないとか。(ブログで読みました)それまでに全て埋めて確定しないといけないみたいです。。。。が、その旨、サイト上に書かれてないんです。 
もしかしたら私が見つけられないだけ?
7日間で消えるという事が書かれていないとなると、、、、ますます
きゃーーーーーこわ!そんな重要事項書いてないってこわ!
そんな事しれーっと言わないイギリスこわ! あんだけの情報量、もっかい入力しなおすなんて無理!
3.ビザセンター申請予約

アカウント内でできます

4.  ビザ料金支払い

アカウント内でカードで支払いのようです。私はまだその段階にいっていません。

5.  申請予約

ビザセンター(大阪と東京にあるはず)へ申請に行く日を予約できます。

6. 書類そろえていざ申請へ



で、私は今作業2の段階です。
もし間違っている情報や補足あればコメントください~。

ビザ申請だけでもまーじでめんどーーって思ってるので
ブログで情報発信するなんて無理。って本気で思ってました。
そもそもマメな性格でもないし。
で、めっちゃ高いお金だしてエージェントに頼もうと思ってましたが
私がたまたま見つけた牡丹さんのブログを見て以来、
自分でやってみようと思い、分からない事はコメントで質問させてもらったりして
本当に助かっているので、今後ビザを取られる方に参考になれば、、と思い
私も情報の輪を繋げさせてもらいます!


ビザが無事取れたあかつきには細かくレポします。
取れなかったあかつきには、取れなかった例としてレポしますねーw


今回の記事はクリックしてもらえるレベルちゃう?
よろしくです!!!


ブログランキング・にほんブログ村へ


キーワード:イギリス イギリス配偶者ビザ イギリススパウスビザ UK配偶者ビザ
Spouse visa UK イギリス国際結婚 イギリス 配偶者ビザ 2014
イギリス 配偶者ビザ 2015  配偶者ビザ 流れ 申請書類 提出書類 参考ブログ


11 comments:

  1. オーストラリアでも同じようなもんです。ビザの申請に関しても、担当者によって答えが違うので、なっとくがいく答えをもらえるまで何回も窓口に出向いたとかいう人もいます笑
    私も、オーストラリアのサービスには期待をしていません。期待をしてたら裏切られることは多々ありなので笑 日本って本当に素晴らしい国ですね笑

    ReplyDelete
    Replies
    1. にょんたまさん
      コメントありがとうございます!
      私もオーストラリアに1年住んだ事あるんですがそんな感じだった覚えがあります。
      ま、日本が異常ですよね。帰って来たばっかりの時は携帯会社で契約の内容聞きに行っただけで
      お土産までくれて外まで見送ってくれました。あれはちょっとやりすぎでびっくりしましたw
      日本はサービス国家ですねw

      Delete
  2. わーかーるー!!イギリス人の旦那でさえ質問の意味がわからん!って言ってました。
    この国ホンマに信用出来ないけど、たまーに物事がスムーズにいくと「おっ、なかなかやるやん!」ってなるwww まぁ、次の瞬間にはまたイライラさせられるんやけども。。。
    ビザの申請頑張れ〜!

    ReplyDelete
    Replies
    1. Mikiちゃん
      こないだは相談のってもらってありがとう!!!
      イギリスのタックスリターンの時、電話一本でその1週間後くらいに小切手送られて来た時
      おおおおおおおってなりましたwwww そこめっちゃスムーズやん!みたいなw

      Delete
    2. みきちゃんとこに横入りw こんにちは〜
      イギリスのタックスリターンってそんなにスムーズ!?意外です〜。ということで今までけっこう税金払ったし返ってくるのが楽しみ!

      Delete
  3. こんばんは!私も語学学校の手続きの際に学校から書類にサインしてFAXでもいいから送ってね、と言われたので学校のHPに掲載されてるFAX番号宛に送ろうとするもなかなか送信されないので、学校に確認するとFAXを持っていないと言われ愕然としました(笑)
    そのとき、日本の常識を海外でも望んじゃいけないと思いました。
    今、留学に持っていく荷物を少しずつ集めているのですが、ブライトンの5月〜8月の服装はどんな感じでしょうか?Tシャツとか必要ですか?

    ReplyDelete
    Replies
    1. Uriさん
      コメントありがとう! FAXないのにFAX番号かくって!というか
      そもそも学校にFAXないってどうなの!って感じですねw
      ブライトンの5〜8月は一番いい時期ですよー。
      夏服持って行った方がいいです!だけど、体感気温は日本人にとっては夜とか
      肌寒いと思いますよ。羽織があれば一番いいですね。からっとした天気なので
      気温は30度とかなっても暑いって思った事あんまないです。
      でも真夏の昼はTシャツやタンクトップでも全然大丈夫だと思います〜

      Delete
  4. はじめまして!私もかれこれ8年前に配偶者VISAを取得しましたが、今よりも条件などはちょっと緩かったかもしれません。
    ほんとめんどくさいことばっかりだと思いますが、頑張ってください!

    ReplyDelete
    Replies
    1. >elghtmt
      お返事遅くなっちゃいました。
      なんとか書類全部集める事ができたので、ようやく火曜日に申請にいってきます。
      めんどくさかったです〜〜〜〜申請通ればいいですが。。。。

      Delete
  5. はじめまして!私もchuckomさんとほぼ同じ状況下にあり、ブライトン留学中に知り合ったイギリス人の彼と結婚し移住する為に、現在色々とリサーチ中です!とりあえず何をどうしたら良いか分からずエージェントに相談だけしたのですが、今年も更にビザ申請料金が上がっていましたね。。私は彼の金銭事情により最低半年後でないとビザ申請出来ない事が分かりました。

    chuckomさんのリアルタイムな申請状況、是非またアップして下さい!!

    ReplyDelete
    Replies
    1. >blackcat_sec さん
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      エージェント、私もはじめ頼もうと思っていたんですが、ビザと同じくらいの費用がかかること、
      あと結局書類は自分たちで集めないといけないので、
      旦那と大げんかしたのち、私の希望通りエージェントを通さず申請する事にしました。
      かなーりめんどくさいですができない事は全然ないと思います。
      私は明後日申請の予約取りました。結果また報告しますね。

      ビザ、半年後じゃないと申請できないのはなんか長い気がしますが、
      ビザの準備していたら数ヶ月はすぐにすぎるので、ゆっくり準備されるには
      いい期間かもしれませんよ。お互い頑張りましょうね!

      Delete

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...