2013/05/31

Trip To Ghana ガーナへ行って来たの巻②

Jamesの会社の人がたまたまAccraから私たちの次の目的地まで
行くって事で、その車に私たちも乗っかって移動のはずが、
まさかの前日キャンセルーーー。仕事の都合で。
ってことでどうしまひょ、、、、ってなったら
じゃあ俺運転するわ、会社の車借りよう〜〜ってアンタ大丈夫?!Jamesさんよ。

4〜5時間の道のり、ただ外国ってだけじゃなく、ここガーナ!
道っていうても、同車線やのに向かいから車きたりルールなんて
あってないようなもんやし、道もボッコボコやし、
ガードレールとかもないし、なんせイギリスと逆の左ハンドルやし、、、

っておもてたけど、なんなくイケタ。James何故かめっちゃ普通。
めっちゃ右ハンドルのクセ出まくってたけど、何故か無意味に余裕。
私的にはこのドライブそうとうアドベンチャーやった!w



日本やUKでは見ない光景ばっかり。




まず、みんな頭に乗せるよねー








運ぶものは基本頭の上へ。
この写真全部車の中から撮ったものやねんけど、
ほんまはもっともっと大きい荷物頭に乗せてる人ばっかりやってん。

ガーナの女の人はすっごいオシャレで、複雑に編み込んだ髪の毛に
アフリカ独特の柄のドレスを柄on柄で着てて、ターバン巻いてたり、
色使いも本当にきれくて、そこに大きな荷物頭に乗せて悠々と歩いてる姿とか、
しびれるくらいかっこ良くて、ほんまに5秒に1回くらい、
『あ!写真撮りたい』って思ってんけど、よくよく考えたら
自分がでっかい荷物はこんでる暑い日に、変な外国人が近づいてきて
カメラ向けられたらイラーっとするやろうな、、、と思うとなかなか写真撮れずやった。
かと言って『写真撮っていい??』ってきくと恥ずかしがってとらして
もらわれへんかってん。だからといって車の中から激写もたいがい失礼やねんけど、、。
でもほんまに頭に机とか木とかパンとかモーターとか
そういう色んなもの乗せてて、しかもかなり効率的やん、それって。
どうしても写真に収めたかったねんー。次行った時はズームレンズ持っていって
自然に激写させてもらお。

そうそう、道歩いてる人がめっちゃでかい荷物を平然とみんな頭に乗せてるから
ま、、もちろん私も試すやん?w 『なあなあ、ちょっとその荷物私の頭に
乗せてみてくれへん??』って頼んだら、まあもともとでかいガーナ人の目、
もっと丸くなって驚いてたけど、乗せてくれたw 
やっぱり全然肩とか手で持つより軽いし、楽チン! じゃあなんで
アジアとか欧米では頭に乗せて荷物運ぶ週間ないんやろうな。
逆にそっちの方が不思議よな。 ガーナ人、普通にスーツケースも
頭に乗せてたからな。w ウィール絶対いらんやんw

で、この日の目的地に行くまでに山道通るねんけど、
山ではこんな光景がちょくちょく。


ぶれすぎてて見えへん???w 山で穫ってきたケモノを売る人。
この人が持ってるのは多分ビーバーとねずみかウサギ。
新鮮やけどーーーー。でもこのライフイズシンプルなこの感じ、嫌いじゃない。
ってかこれ、通る車に向けて売ってるねんけど、
車の人もドライブスルー感覚で、死んだままの動物をホイっと買っていくんやろかー?!
いや、買って行くんやろな。すごいよな、よく考えると。

で、この山道をずーーーーっと走ってると数キロごとくらいに小さい村が
ポツポツとあって、その人達の生活も車の中からやけど、見れて
なんか世界の車窓から気分やった。ほんま想像通りのアフリカの村やねん。
小さい子供たちがみんなで遊んでて、大人たちものんびりーとしてて、
世界ウルルン滞在記ででてくるような村というか。

うん??????うううううううンンンンン・・・????!

何か聞こえる。こんな原始的な村からズンズンズンズン爆音が聞こえる。
アフリカンミュージックとはいえあっきらかにクラブ的なサウンド!?
 え、、、何コレ。。。。

って思ってたら、予想通り!水道も通ってないような村のど真ん中に
人が集まってて、前にはその辺のクラブ顔負けの数メートルの高さのある
巨大スピーカー! 前では大人も子供も踊ってるーーーーーー!
何事!?   ってこういう光景片道だけでも5回程みた!

実はこれ、ガーナのお葬式らしい!ガーナで一番のパーティーは
お葬式なんだって!!最後のグッバイやから盛大にやるんだってさ。
なんていう良い文化! もちろん私とJamesも超参加したかったし
普通なら参加してたけど、外国人なんか来た事もないような小さな村やし
いかんせんなんと言ってもお葬式やし、勝手に参加していいものなのかも
分からず、ヨダレ垂らして外から見てましたw いいなーいいなー楽しそう!
(同じ理由で写真も撮れず。。。)

あ、そういえばちょっと車こんでる時あって前見てびっくり!


生きたままのヤギももはや、荷物扱い、、、 足場なんてもちろんないので
ヤギ立ってるだけで精一杯っぽくて可哀想やった、、、、

目的地につく前に雲行きが怪しくなってきて、ストームがきた!
しかもその時もう外も真っ暗で、ほんっまに怖かってん。横は水路みたいになってて
そこにハマったら終わりやし、道路も道なき道で全くどっちが前か後ろかも
分からんようなところやし、街頭なんてないし、雨でまったく前見えず。。。。
それでもGOOGLE MAPだけは正しく作動して、道なき道でもちゃんと
目的地にあるJAMESの会社の家までたどり着きました。
ほんまに死ぬと思った。。。。 その時運転してるJAMES見たら
『ファーーーーーーーック!!!』とかいっときながら、内心楽しんどんねん。
めっちゃウキウキしとんねんw。『ははーん、君楽しんでるね・・・』って言ったら
笑っとん。まあ一緒にパニックなれへんだけ頼もしいけどな。

そんなこんなの一生忘れる事のないドライブでした!GOOGLE MAPとGPSだけには
足向けて寝られへん!

続く。。。

応援のワンクリックお願いします♡



No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...