2013/04/26

First Beach Day

先週末はほんとにいい天気で、
ビーチでMATTのバースデーパーティーがあるってことでBBQしようと、、、。
天気めっちゃええけど、ほんまにまだまだ寒い。。。
でもやはりタンクトップの人とか普通に待ちに歩いてるのはほんまになんでなん???w
すごいよな。私今日仕事帰りにビーチ行ってんやん、ファーコートでw
いや、そうなるって。中はヒートテックの重ね着にセーターやし
靴下も相変わらずの3枚重ね。で、ビーチみたら
水着姿の人とかおるからな。考えられへん。さすがに海に入ってる人はおらんけどな。
Jamesも半袖短パンやねん。ほんま文句ばっか言って悪いけど、
仕事場も私的にまだまだヒーターつけたいのに、
みんなに頭おかしい扱いされるからつけられへんし、、、、、
っていうかさ、思うねんけど、寒い〜いうてるのに
『寒くない寒くない、いけるいける』っていうやん。文化や国に関わらず。
あれは何なん、一体?!w どーういう意味なん?!w
私なんか寒がりやから人生でほんま数え切られへんほど
こういう事聞いてきてるねんけどさ、辛いもの食べられへんひとに
『大丈夫大丈夫これくらいの辛さ!』言うて無理矢理辛いもの食べさせるんと一緒やん!
分かってよーほんまに寒いねん。ww 日本のクーラーききすぎの電車とか
何回訴えたろうかなと思った事か。そういう意味でいうと暖房ききすぎも
犯罪やけどな。 だから私キャンプも友達の家に泊まるんも
ほんまに嫌いやねん。温度の調節できへんから。 
あと、似たので言えば花粉症じゃない人間の花粉症被害者の扱いな、、、
気合いでなおるー思っとるからな。w

ってほんまにそんな話どうでもいいねんw
ビーチの写真どーーーーーーん!!






ちなみにBBQっていうからもっと本格的なん想像してたら
みんなこういう簡易の使い捨てBBQセットを持ってきてた!


これスーパーで2ポンド(300円)で買えるねんやん。
まじ感動して、えーめっちゃ画期的やん!何それ!日本で売ったら絶対売れるやん
って勝手に興奮してたら、火いっさい着かんかったっていう。
そのへんイギリスクオリティーやねんなー。しっかりせんかい。
アイデアはいいねんけどな、突き詰めへんところがこの国らしい。
ちなみに火つけるのに成功してた人もみたので、多分着火材とかあれば火は着くと思う。
ま、日本で販売してるやつには必ず着火材は備え付けてると思うけどな。
そこやねんなー、詰めのゆるいとこ!











このサウンドシステムは50万以上するらしいよー!





夜までパーティーは続きました、、、、
昼間で普通に寒かったので、日没後はさすがにみんなもぶるぶるぶるぶる。。。w
で、最年少、、、なんかな?最年少でなおかつ一番しっかりしてる
ローリーっていうかわいいDJの男の子がおんねんけど、
その子がやはりしっかりしてるから、みんなの為にたき火しよう!
その為の木を拾いにいこーって誘ってきて、Jamesも連れていったら
踊ってる最中に連れていかれたもんやから『え。どこいくの。えー木拾い??えー』
とかムスっとしだした。w で、ローリーがなだめて連れていったら
私に小声でめっちゃ真剣に『あんな、木拾うとかの作業は
若い奴に任したら、めっちゃ喜んで楽しい事と勘違いしてやりよるから、
俺らはせんでいいねん』って私を説得にかかったw 
ほんでその後『タクシー代あげるから誰かに家まで帰ってもらって
不要な家具を燃やそう。俺のいらんベッドもちょうど燃やそうと思っててん』
って今度は金で解決しようとしてきたw

ほんで数分後ローリーが見つけた一番でかい切り株を
あたかも自分が見つけたかのように、一番に抱えて
『俺これで人気者なる〜♪』ってみんなのおるところまで帰ってったw

そんなジェームス33歳をローリー19歳が、微笑ましい顔で見守ってたよ。
この二人の関係好きやねんなーw だいたいもともとローリー、
友達の息子やからな。そのボーダレスな友達関係を築くJamesは
フレンドリーの度がすぎて、帰り道ばたで色んな人にハグしまくってたけど
みんな笑顔でハグ受け入れるあたり、ほんまBrightonはいい街や!

ちなみに夜中このままクラブ行ってんけど、私の真横で知らん人らが
殴り合いの喧嘩はじめてんやん。ほんならもちろんしっかりもののローリーは
とめに入るやんw Jamesはトイレ行ってておらんかってんけど、
私は現場で、私も止めな!!!って酔った頭で思って、
その喧嘩してた一人に抱きついて一緒に踊る感じにもっていってんやん。
ほんなら『ごめん、俺彼女おるから』って逃げられ、は!こいつ何なん!
私喧嘩止めようと思っただけなんですけどーーーーーーー


っていう笑い話をトイレから帰ってきたJamesに話したら
横にいたローリーが『あ、あの人喧嘩してた人じゃないよ。全く関係ない人』やってw
とーーーーーーめーーーーーんーーーかいっ!けっこう長い間アホみたいに
踊ってたわ、全く知らん男と。ほんで振られたわ。
Jamesもこれには爆笑してたわ

そんな残念な私に応援のクリックをーー!
いつも励みになります!



3 comments:

  1. 初めまして!私も今年のワーホリに当選してからChuckomさんのblogに辿り着き、それから毎回見てます!先週の土曜から渡英してちょうど一週間たつのですが、全く英語なんてわからない状態で来てしまったので語学学校で苦戦してます(;ω;)

    ReplyDelete
  2. Chuckomさんは英語が話せるようになった、聞き取れるようになったと思うまでどれくらいかかりましたか?ちなみに私は今Oxfordに滞在してます(´ω`)そのうちBrightonにも行ってみたいと思ってます( ´ ▽ ` )ノ

    ReplyDelete
    Replies
    1. どうもー!コメントありがとうございます!英語が話せるようになったって、思うきっかけってあるんですかねー。
      じょじょにって感じですよ。今でも苦戦してます。全くぺらぺらになったって一度も思った事ないです。
      でも苦戦する内容が変わってきたって感じですね。
      ただ、はじめから英語ぺらぺらになりたいと思って勉強してたわけでもないので、そこまで苦しい思いはしなかったですw
      最近、本気で日本人じゃない友達と深い内容の事を語れるようになって、本当に英語話せて良かったなーとは思いました。
      あと思ってる事を伝えられないっていうイライラはなくなりましたねー。相手が何言ってるか分からんっていうのは
      今も日常的にしょっちゅうですw
      私はこっちきて1年たらずなんですが、19歳の時に1年間オーストラリア行ってて、その時、
      かなり長く現地に住んでる日本人に会いましたけどまったくと言っていいほど英語話せてなくてほんとひとそれぞれなんだなーと思いました。 私は自分でいうのもなんなんですが、わりと英語の勉強は得意やったし、
      他のワーホリで来た子に比べたら英語の上達早かったように思いますけど
      一回でも無理矢理英語環境作ろうって思った事はないですね。その為に友達選ぶのもいやだったし、
      あっちで会った日本人の友達はいまだに続いてるので、、、、w だいたいオーストラリア行った目的も
      ただ外国で住んでみよーと思っただけで、英語の習得を第一に考えてたわけじゃなかったので、はじめは。。
      他の言葉の習得に一番大事なのは、度胸とか自信とか勢いとかそういう性格的なものをベースとしたうえで
      勉強する事やと思います。これどっちが欠けてもだめなんですよね。私は勉強せずに勢いでここまできたパターンです。
      ほとんどの日本人は勢いとか自信とかそこまでないけど勉強はけっこうするパターン。
      私、今になってヒシヒシと勉強の必要性を感じてきました。なのでどっちも必要不可欠な気がします。
      でも何よりも楽しむ事が一番ですよ。楽しくなかったら何も入ってこないですからねw
      頑張って下さい!はじめは根拠の無い自信で突っ走ってみてください!

      Delete

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...