2012/05/04

KYOTO ART FAIR #2





すぐに続きを書こうと思ったらそこそこ開いてしまった。。。

前回上げた記事はホテルモントレが会場だったんですが、
今度はメイン会場の国立京都国際会館に移動。

かなり山ばっか見えるようなところにある会館で、
電車移動のはずだったんですが、写真家のピロピロさんに偶然会い車で
メイン会場に向かうとの事だったので、私らも便乗させてもらいました。
ありがたや〜〜〜


そしてこちらの会場は、本当の展示会ムード!
でも面白い作品多かった!!!


















もちろんこれらの作品もすごかったんですが、
何よりも感動したものピックします。

まず1つ目はコレ!!!!

透明標本のアート!!






実は前に愛読しているBLOGの『Addicts Tokyo』さんでもUPされてて、
きれ〜な〜と思い、見た事ないくらい神秘的だったので印象に残ってたんですが、
まさか目の前に見れるとは!

ほんっとにきれいで、ホレボレ見てたら、なんと制作されている富田伊織さんが居て色々
お話聞けました。 私の写真では申し訳ないくらい実物はもっともっと奇麗な色です。

下写真は『Addicts Tokyo』さんから拝借いたしました〜






特殊な液剤で数ヶ月かけて、標本にされるそうです。
その液で、固い骨と細い骨で違う色に染まるそうです。

そして、もう一つの感動の作品が・・・・・。





アートの展示会で、靴をアートとして見れるとは!!!

実はこの靴ももう知ってて、ヨーロッパのデザイナーさんの作品かな〜と思ってたんですが、なんと京都在住の方が作られているそうです。

制作者のMASAYA KUSHINOさんにも会えましたよ〜
色々話せてかなり貴重な体験でした。 ブース内のデコレーションも素敵やった!

もちろん作品の靴は本当にアートそのもので、造形美でした。
一点一点ハンドメイドで制作されているそうで、本当にため息でるほど綺麗。
そのときも話してたんですが、服は圧倒的に人がきた方が映えるけど、
靴はそのもの自体がオブジェのように一つの作品となるので、
それは靴の魅力ですよね〜〜〜って一緒に言ってました。
実際、店のインテリアとして購入される方が多いそう。

テンション上がったなぁ〜〜。
彼の他の作品は コチラのHPから→ MASAYA KUSHINO









ほんまこんなクリエイティブなものを造り出す人が世の中にはたくさんいる〜〜〜!
すごく刺激的な一日でした!

あゆみちゃん〜ありがとう!!!

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...